Green Hill   写真日記
北海道(北部)一人旅 

TOP



日  時 平成29年06月30日(金)〜07月04日(火)(4泊5日)
参加者 二人旅
企画者 Kazu
交  通 大人の休日クラブパス
宿 0630⇒稚内:稚内サンホテル
0701⇒礼文:民宿 やざわ
0702⇒利尻:北国グランドホテル(コテージ)
0703⇒札幌:Jrイン札幌駅南口

<概要>
 
妻が楽しみにしていたこの地。
27年4月に逝った妻(遺影)を伴い訪れることが出来た。
その足跡のみ残す。

大沼公園から駒ヶ岳(29.06.30)&
利尻富士(29.07.03)

1.6月30日(金) 快晴

  宇都宮6:54発やまびこ41号⇒仙台8:06発はやぶさ1号⇒新函館北斗発11:09
  ⇒大沼公園着11:30〜14:00大沼公園散策
  大沼公園発14:21発特急北斗13号⇒札幌発特急カムイ33号18:00
  ⇒旭川発特急サロベツ3号20:06⇒稚内着23:47  ホテル着24:00


大沼公園から望む”北海道駒ヶ岳”(剣ヶ峰1,131m)

宇都宮駅
午前6:54発やまびこ41号待つ下りプラットホームから
上り東京行き新幹線を見送る
11:20
雲一つない快晴大沼公園駅
大沼公園駅前
公園に入ると先ずこの景色が眼に飛び込む
「島巡りのコース」を辿る
このコースにはいくつかの橋が架けられている
奥に遊覧船
”駒ヶ岳が美しく見える”という場所から
大沼公園駅にて

札幌行き列車を待つ間のスナップ
使用されない線路には雑草が
5分遅れで札幌行き「特急北斗13号」到着
これに乗車
23時55分  7分遅れで、
終着「稚内」日本最北端の鉄道線路終点着
深夜到着のためか駅には駅員は誰もいない


2.7月01日(土)  曇り

  稚内定期観光バス(予約)にて「バスで巡る稚内」観光
  B/T 8:00発⇒北海道遺産「稚内港北防波堤ドーム」⇒稚内公園
  ⇒ノシャップ岬⇒メガソーラー(車窓見学)⇒北海道遺産「宗谷丘陵」
  ⇒宗谷岬⇒稚内空港⇒副港市場⇒B/T12:00終着
  稚内フエリーターミナル14:45発⇒礼文島(香深港)16:50到着
  「民宿 やざわ」へ17:10迷いながら到着。近くの温泉「うすゆきの湯」に浸かる


日本最北端の地「宗谷岬」
左に「間宮林蔵像」&中央「日本最北端の地碑」

日本最北端の駅「稚内駅」と最北端鉄路

駅定期観光バス8:00発車を待つ
稚内港

「稚泊(ちはく)航路記念碑」

終戦の年まで日本領だったサハリンのコルサコフ(日本名:大泊)へ
稚内から連絡船が就航していた
北海道遺産「稚内港北防波堤ドーム」の前にある
稚内港

北海道遺産「稚内港北防波堤ドーム」1
私が生まれた年(1936年)波除けに建設された全長427m
高さ13.6m70本の円柱が連なる半アーチ型ドーム
稚内港

北海道遺産「稚内港北防波堤ドーム」2
稚内港

北海道遺産「稚内港北防波堤ドーム」3
稚内公園

「氷雪の門」1(正面から)
本郷新(札幌出身彫刻家)の傑作
正式には「樺太島民慰霊碑」
稚内公園

「氷雪の門」2(真横から)
稚内公園

「九人の乙女の碑」
旧ソ連軍の侵攻により自ら命を絶った
九人の真岡郵便局電話交換手の慰霊碑

 〜皆さん これが最後です さようなら さようなら〜

稚内公園

「行幸啓記念碑」
昭和天皇・皇后両陛下が九人の乙女の悲話に感銘し
詠んだ碑と言う
稚内公園

「教学之碑」
稚内公園

「測量の碑」・・・標石の位置と高さが表示されている
北緯・・・45度25分14.9563秒
東経・・・141度40分03.1685秒
標高・・・101.607メートル
稚内公園

「南極観測樺太犬訓練記念碑」
ノシャップ岬

「恵山泊漁港公園」
イルカのモニューメント
ノシャップ岬

ノシャップ岬先端の恵山泊漁港この地から
晴てれば「利尻」が見えるはず
宗谷丘陵

展望駐車帯から
丘陵の彼方に宗谷海峡
宗谷岬公園

「二つの平和の鐘」
世界平和の鐘(左)&子育て平和の鐘(右)
宗谷岬公園

「祈りの塔」
1983年9月に起きたサハリン沖大韓航空機事件慰霊碑
その尖端は事件現場を指しているという
宗谷岬公園

「戦没者慰霊碑と平和の碑」
太平洋戦争で宗谷海峡も戦闘の場となり多くの
人命が失われた
宗谷岬公園

「あけぼの像」
1971年北海道の牛乳生産量100万トン・
飼育乳牛50万トン突破を記念して建立
宗谷岬公園

「間宮林蔵像」
1808年宗谷から樺太に渡り、間宮海峡を発見。
樺太が島であることを知る
宗谷岬公園

「日本最北端の地の碑」
宗谷岬公園

「宗谷岬音楽碑」
宗谷岬(吉田弘作詞・船村徹作曲)
稚内港

フエリーターミナル
ここから礼文へ渡る
稚内港

稚内を離れ礼文に向かう
稚内港

ノシャップ岬方向
礼文島

宿泊先の「民宿 やざわ」

3.7月02日(日) 小雨〜曇り
 礼文定期観光バス(予約)にて島巡り観光
 B/T 8:35発⇒澄海岬⇒スコトン岬⇒桃岩⇒北のカナリアパーク⇒B/T12:40着
 ⇒利尻島へフエリー乗船13:25発⇒利尻島(鴛泊)着14:10
 ⇒北国グランドホテル(コテージ)着14:30〜18時まで港周辺散策

 

澄海岬:礼文島の西北部にある岬  透明度が高く海の底まで見渡せると言う


礼文島定期観光バス

2階建てバスで巡る。乗客は満員
澄海岬斜面に咲く花1
澄海岬入口斜面に咲く花2
エゾカンゾウ
「澄海岬」
「澄海岬」

岬に咲くハマナス
「スコトン岬」

礼文島最北端の岬
「スコトン岬」

礼文島最北端の岬
スコトン岬のハクサンチドリ
スコトン岬にある民宿
スコトン岬にて
スコトン岬にて
スコトン岬にて

最北端の公衆トイレとか?
「桃岩」

小雨模様で全貌が判らない
「北のカナリアパーク」

映画「北のカナリアたち」ロケ地
この先には利尻富士が見えるはず
「北のカナリアパーク」

正面玄関
「北のカナリアパーク」

ハクサンフウロ
「北のカナリアパーク」

道沿いにある「墓」
礼文島・香深港フエリーターミナル

13:25礼文島(香深港)を離れ利尻島(鴛泊港)へ向かう
利尻島での宿

北国グランドホテル(コーテージ)
「ペシ岬展望台」

鴛泊港入口にある
山頂まで15分ほど要す
「ペシ岬展望台」山頂
ペシ岬展望台から1
ペシ岬展望台から2
ペシ岬展望台から3
北国グランドホテルの露天風呂

最北限の露天風呂と言う
ペシ岬展望台からやっと利尻富士の
てっぺんが見えた
ペシ岬展望台からのSunSet

礼文方面

4.7月03日(月) 曇り

 利尻定期観光バスにて島巡り観光
 B/T9:10発⇒姫沼⇒オタトマリ沼⇒仙法志岬公園⇒利尻町立博物館
 ⇒鴛泊フエリーターミナル12:50着⇒利尻発14:35⇒稚内着16:15
 和ン熹ュ特急宗谷17:46発⇒札幌着22:57⇒JRイン札幌南口着23:30

     利尻富士が雲間から

「姫沼」
「姫沼」

天候が良ければ逆さ富士は絶景と言う
「オタドマリ沼」
「オタドマリ沼」

赤エゾマツに囲まれる原生林があるとのこと
「仙法志岬公園」

利尻島最南端にある公園
仙法志岬公園にて
仙法志岬公園にて
「利尻町立博物館」
「人面岩」という
鴛泊港へ入港するフエリー

このフエリーで折り返し稚内へ向かう
鴛泊港右手に見える「ペジ岬」
「利尻島フエリーターミナル」

鴛泊港を離れ稚内へ向かう
稚内ノシャップ岬
稚内到着の列車

折り返し17:46発特急宗谷札幌行きとなる
7月4日12:23頃函館駅に、あの「四季島」が

BACK

inserted by FC2 system